人気ブログランキング |

大好きなLIBERTYでバッグや小物を製作しています。


by le petit sac
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シュシュ作りが楽しくていっぱい作ったけど、気がつくと夏っぽいものばっかし。
秋らしい色柄のものがほしくて作りました。リバティのWiltshire(ウィルトシャー)です。
深みのあるボルドーに綺麗な中間色の木の実がいっぱい。大好きな柄です。
a0122129_157664.jpg


もうだいぶ作り慣れたけど、最後の仕上げ=返し口をまつるのに毎回気を使います。
きっちりアイロンで折り跡をつけて、細かく待ち針を打ってまつると仕上がりが綺麗な気がします。
ちなみに私はまつり縫いではなくコの字閉じにしてます。その方が縫い目が目立たずいい感じに。
a0122129_1574245.jpg


実はホビーラさんのミニカットクロス(27cm×27cmくらい?)がシュシュを作るのにちょうどいいんですよ。
10cm幅×27~28cmが2枚あれば直径10cmほどのものが作れます(おおまかな作り方→
お気に入りの柄が小さなカットクロスしか手に入らなくてもこれで大丈夫?!

次はどの柄で作ろうかな~。よく見たら手持ちのリバティは春夏っぽい柄が多いような・・・
これで「在庫があるのにまた買うの?」という罪悪感(?)なしにカットクロスが買えます^^

****
錦織、パリ・マスターズで復帰!よかったあ。しかも第15シードです☆
1RはBye、2Rはアンドゥハールかペール、3Rはなんとフェデラー! うわ~ぜひ見たいっ。
復帰明けだし怪我なく終わってほしい、でも楽天のときのようなスーパー錦織の活躍も見たい・・・
とまたもや欲張りなファン心理(笑) 今年最後の公式戦、思いっきり戦えますように。Go for it,Kei!!
by lepetitsac | 2012-10-28 15:09 | handmade(小物) | Comments(2)

ことりとチェリー。

季節先取りでつぎつぎと発売されるリバティ。
どうしようかな~って気になってるうちに買いそびれてしまい、あとで後悔(涙)ってよくあることです。

つい最近ホビーラさんで買いました。Cherry Ripe(チェリー・ライプ)です。
a0122129_22385697.jpg


これいつの発売だったかしら。たぶん今年の夏ごろだったような・・・
布見本を見てかわいいなあってチェックしてたのにすっかり忘れてました。
こないだホビーラさんで見かけて「再会」!
a0122129_22392688.jpg


チェリーの中にかくれんぼするようにことりがいっぱい。レトロなタッチがかわいい柄です。
色は3色展開だったかな。これと、チェリーが赤い色のと、全体がスモークピンクっぽい色合いのと。
本命はスモークピンクっぽいやつでした。人気があったらしく売り切れです。ざんねん。

何を作るか考えてなかったのでとりあえず30cmのみ購入。
バッグの一部にしようかな。ころんとしたレトロっぽい形のかばんに合うかな、なんて妄想中(笑)

****
10月号のMonthly pressに12/10発売のリバティが載っていました。早くも春一番のリバティ・・・
とりわけ目を引いた柄はFranwin(フランウィン) めっちゃかわいい!特にお花が空色のやつ。
ちょっとBetsyの雰囲気に似てますね。新しい色付けのEroise(エロイーズ)も気になります。
季節は秋ですが、こちらはもう春満開な感じですね。見てるだけでわくわくします♪
by lepetitsac | 2012-10-21 22:42 | LIBERTY fabrics | Comments(2)
大好きなリバティでブックカバーを作りました。
ブックカバーこれで三つめです(試作1号→、2号→
a0122129_014660.jpg


リバティのCarlino(カーリノ)今年3月にホビーラさんで発売された柄です。
パターンは「花柄のバッグとこもの」(ブティック社)より。
a0122129_0161423.jpg


裏地ですが、今回は紬っぽいコットンにしてみました。綺麗な若草色ですが写真だとグレーに見えますね。
タナローンは薄いのでしっかりした裏地を選んだつもりでしたが、カバー全体の厚みはイマイチ。
次回もし作るなら薄手の接着芯を貼るつもり。

本を入れてみました。ほっ、ちゃんと入りました。
何度作っても本を入れるときはちょっとどきどきします。
a0122129_23562952.jpg


布しおりはすっかり定番に。本を開けたときリバティのしおりが入ってるとうれしくなります。
そういえば本にのってる作り方では、しおりひもを付けることになってましたが、
しおりひもはあまり使わないので省略し、よく使うしおりを作成(おおまかな作り方はこちら→
a0122129_012894.jpg


やっぱりリバティで作るといいなあ。腕前が上がった?と錯覚するような仕上がりになりますな(笑)
この柄大好きです。色とりどりに様々な花が描かれていて小物映えしますね。
かばんから本を取りだすたびに楽しい気持ちになります。

ブックカバー、一気に3枚も作って満足。次はもう別のものに取りかかってます。
初めてネットで型紙を買いました。Rick Rackさんのかばんの型紙。
ひさびさのかばんです。かばんってこんなに裁断するもの多かったっけ? ひたすら裁断中(笑)

****
錦織選手、残念ながらバーゼルは欠場となりました。残念・・・
でもここで無理せず回避したのは今後のことを考えてでしょうし、早く元気になってくれたらなあと思います。
パリ・マスターズは出たい意向のようですが間に合ったらいいですね。今年最後の公式戦だし。
無理してほしくないけどやっぱり試合も見たい・・・複雑なファン心理(笑)
by lepetitsac | 2012-10-21 00:03 | handmade(小物) | Comments(0)

ブックカバー再び。

先日の失敗を踏まえて、またまたブックカバーを作ってみました(先日の記事はこちら→
a0122129_20471413.jpg


表の生地は去年友人に作ったお洋服の余り。好きな生地でしたが残り少なくなりました。
裏はパープルのコットンで。切替え部分は前回と同じくリネンを使いました。
a0122129_20474660.jpg


今回はほぼ納得のゆく仕上がりでした。本もちゃんと入ったし←これが一番大事!
妹に昔もらった既製品のブックカバーがすごい使いやすくて、それを元に型紙をアレンジ。
右の見返しはより幅を広げて深くしてます。ベルトは0.5cm太く&付ける位置を左端に寄せました。
これで本を入れた時のホールド力UP!前のものより大分しっくりきました。

本を入れてみました。なかなかいい感じです。
裏側で布が重なったところが少し浮くんですよねえ・・・そこだけは課題です。
a0122129_20485154.jpg


布しおり、別の作り方が思い浮かばず前回と同じように作りました。
いちばん気になってたのがしおりの厚みで本に'ぱかっ'と型がつかないかどうか、ということ。
数日つかってみたけど大丈夫そうです。ほつれもないし。何より好きな柄だと本を開けたとき楽しいです♪
a0122129_20494232.jpg

うまくいったので次はお気に入りのリバティで作ってみまーす。わくわく☆

****
上海マスターズ、錦織は残念ながら2Rで敗退となりました。
1RのWu選手は鋭いショットもありましたが、錦織とは実力差あったかな。ストレートで勝利。
2Rは対戦で分が悪いクエリー。ファイナルでは力尽きましたが、第1セットのプレーは素晴らしかったです。
気になるのは右足首ですね。大丈夫かなあ。心配です。元気に戻ってきてくれますように。Go for it, Kei!
by lepetitsac | 2012-10-13 21:04 | handmade(小物) | Comments(2)
錦織やりました!いや~ほんと夢のようです・・・ホームでの優勝おめでとう!
今日の記事は長いです。語ります(笑)

思えば先週のクアラルンプール、SFのモナコ戦でファイナル5-2でマッチポイントを握りながら
そこから反撃を許して決勝進出ならず。あと1本が出ず惜しくも決勝進出を逃しました。
あと一歩でブレークスルーできそうなのに…となんだかもどかしい思いでした。

そして今週の東京。「優勝を狙う」と本人の弁。おおっ力強い!
それにしても今回はレベル高すぎです。あまりの強豪揃いにドロー見てびっくり。

・[1R] K. Nishikori VS G. Soeda 4-6 6-2 6-3
「二人とも面白いくらい硬かった」と本人が語るように、両者エラーが多かったです。
ホームで良く知る仲間との対戦、前回完敗して負け越し、でも自国NO.1の意地もある・・・と
プレッシャーのかかる対戦でした。第1セット落としたときはどうなるかと思いましたが、
じわじわと地力を発揮してこの難しい試合をものにしました。試合終わってほっとしたみたいですね。

・[2R] K. Nishikori VS T. Robredo 5-7 6-1 6-0
かつてのトップ10プレーヤーはやはり老練でした。第1セット、錦織のサーブが入らないゲームを
すかさずものにして先行。しかし、後半に強い錦織、ここからの切替えはすごかった。
完全にペースをつかむと一気に2セットを取って勝利。実力差ありましたね。

・[QF] K. Nishikori VS T. Berdych 7-5 6-4
勝ち越してる相手とはいえ前回クレーで接戦を落としてます。しかし今回は錦織のプレーが違いました。
まずリターンがすごかった!ベルディヒのサーブ、相当威力あったと思いますがことごとく当たってました。
特に高い打点からのバックのダウンザラインのリターンエース!しびれました。

大事なポイントでベルディヒがサーブでしのいでいたのでスコアこそ競ってますが、
内容的には完全に押してましたね。ベルディヒに思うテニスをさせませんでした。
サービスが良く、安定してキープできたのも大きかったですね。まさにハイパー錦織!

・[SF] K. Nishikori VS M. Baghdatis 6-2 6-2
3連敗中、しかも1セットも取れてない相手。正直今回も厳しいのかなと思いきや・・・
QFに続きリターン冴えまくり。ストローク、特にカウンターのいいバグちゃんが殆ど何もできずお手上げ状態。
サービスも好調でほとんど心配な場面はなかったくらい。前日に続き「何を打っても入る」状態だったらしい。
こんな勝利は想像の外でした。すごすぎる。ハイパー錦織は続く・・・

・[F] K. Nishikori VS M. Raonic 7-6(5) 3-6 6-0
そしてとうとう決勝。予想に反してラオニッチが来ました。
昨日のマレーVSラオニッチ戦であのマレーがラオニッチのえぐいサーブに手を焼いてるのを見てただけに、
いくらハイパー錦織でもさすがに苦労するだろうな、と思っておりました。

しかし最初のサービスゲームでいきなりラオニッチのサーブをブレーク!おおっこれは行ける。
その後ブレークバックされ勝負はタイブレへ。0-3とリードされながらも勝負強さを発揮しセットアップ。
第2セットは1ブレークがひびいて落とすものの(でもプレー内容は相変わらずハイクオリティ)
ファイナルは足に来たラオニッチを突き離し、なんとことごとくサーブを破って見事勝利となりました。

なんといっても鍵はリターン!これに尽きます。確か最速228kmですよ。新幹線ですか!
ラオニッチも速さだけでなく球種・コースを打ち分け、ノータッチエースを連発。
それでも錦織はよく我慢してボールに食らいついてました。

バックに弱いラオニッチにしつこくバック攻撃でミスを誘ってたのも作戦勝ち。
ともかくリターンさえ返れば、ストローク戦は錦織が断然有利でした。まさに変幻自在でした。

2Rまでは先週までのプレーとあまり変わりなかったように見えました。いつものスロースタートだったし。
それがQFから急にプレーのレベルが上がったように思います。一体何が?!
記者会見では「ベルディヒ戦で何か吹っ切れた」とのコメント。なるほど。

なんかうまく表現できませんが「脱皮」したかのような印象です。
以前から積み上げてきたことが、ある時まるでパズルがはまるようにぴたっとはまったような。
ジョコが去年大ブレークした後「何故か分からないけど全てがうまくまとまった」と言ってましたね。
きっとそんな感じなんだろうと思います。

一段上のステージへと昇り、次なる目標トップ10入りは近くかならず達成するでしょう。
宣言したとおりの夢をかなえた錦織、次の夢も夢でなくなる日がきっとくる気がします。Go for it,Kei!

****
優勝スピーチ、いいスピーチでしたねえ。
準優勝したラオニッチに、通訳を介さず英語で直接 "Milos, congrats!"(ミロシュ、おめでとう)
と讃えたのはとてもすがすがしい感じがしました。「トップ10入りは確実だね」って自分もだよ、圭くん!

****
喜びもつかのま、もう上海マスターズが開幕しております。つくづくプロテニス選手は過酷です(汗)
1Rは中国のWC、Wu選手。順当なら2Rクエリー、3Rベルディヒ(また…)、QFツォンガかラオニッチ。
悪くないドローですね。体力的には心配ですけど・・・でも楽しみです☆
by lepetitsac | 2012-10-08 00:25 | my favorites | Comments(2)

ブックカバー

ブックカバーを作ってみました。
ずーっと作りたかったもののひとつです。
a0122129_04615.jpg


パターンは「花柄のバッグとこもの」(ブティック社)より。
表の生地は、去年神戸のRolloStockさんで購入したカットクロス(その時の記事はこちら→

裏はこんな感じです。裏地はスタイリストゴトウさんで買ったお花のレース生地を使いました。
見返しを止めるベルトは本ではレースを使っていましたが、
表の共布でベルトを作ってみました。一緒の生地だとかわいいかなあと思って。
a0122129_045476.jpg


それと、しおりも共布で作ってみました。作り方をざっとご紹介。
縦一方を「わ」にし、しおりの大きさ+1cmで布を裁ち接着芯を貼ります(ぱりっと張りのある芯がオススメ)
縫い代1cmを3方織り込んで「わ」以外の三方をステッチして出来上がり。
ただ、紙のしおりほどぱりっとならないですねえ。これは今後また研究しよう。
a0122129_054549.jpg


本を入れてみました。うん、いい感じではないですか!
といいたいとこですが大失敗してます(涙)実はぴったりサイズどころかきっちきち・・・
どうやらうっかり縫い代を取り過ぎたのが敗因。あと、押さえのステッチはもっとぎりぎりを狙わないと。
こういうものは本がすんなり入るのが一番大事ですからねえ。
a0122129_055210.jpg


この生地、お気に入りすぎてなかなか使えなかったのですが、ようやく形になりました。
てんとう虫がかわいいでしょう♪ お花も繊細なタッチでなんともいえないかわいさ。
だから縫製で失敗したのがショックで・・・一応使うけど押さえのステッチはほどくかも(笑)
まだまだ試作なしでリバティってのは無理だな・・・
a0122129_063569.jpg


というわけで今回の反省を踏まえてまたまた試作の予定です。
スムーズに本が入ってかわいいのが作れるように・・・ちゃんとできたらリバティで☆

****
ジャパン・オープン、有明が熱い!錦織はっきり言ってすごいです。目を見張る強さに感動!
1・2回戦とはうってかわってベルディヒ・バグ戦はレベルが違いました。鳥肌もんですね。
いよいよ明日は決勝。ラオニッチかあ・・・正直マレーよりやりづらいかも。あのサーブ、凄すぎです(汗)
でも勝負はやってみないとわからない! 明日は思いっきりプレーできますように。Go for it, Kei!!!!!
by lepetitsac | 2012-10-07 00:16 | handmade(小物) | Comments(2)