人気ブログランキング |

大好きなLIBERTYでバッグや小物を製作しています。


by le petit sac
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ひっさしぶりにお洋服の記事です! ひょっとして半年ぶりくらいかも。
友人からの頼まれもののチュニック、試作品を作りました。
a0122129_2126766.jpg


パターンはコーディネート自在のワンピース+α(月居良子著・文化出版局)より
パターンFのゴムシャーリングの半袖ワンピースをアレンジ。
表布はシフォンジョーゼット、たしか東レの反物だったような。豊富にカラー展開あり。
裏地は少し厚手のポリエステルです。いずれもスタイリストゴトウさんで購入。

いろいろアレンジしてるんですが、まず袖と裾を二重に。袖はこんな感じです。
上袖・下袖をそれぞれ完成させ、重ねて袖付けをしました。
a0122129_21144071.jpg


裾はこんな感じ。下裾だけを別につくり裏側から身頃に縫いつけています。
a0122129_2115691.jpg


二重になった袖&裾のやり方が載ってる本があまりなく、作り方は自分で工夫しました。
既製品をお店でさんざん観察したので(裏返したりとか)たぶん怪しい客だったと思う(笑)

さて、ウエストあたりにはひも通しを付けてあり、中にはグログランリボンが通してあります。
これはオリジナルのとおり。このリボンをきゅーっと引いて結ぶとブラウジングできます。
a0122129_211604.jpg


ブラウジングした状態の写真、撮るの難しすぎ(汗)ハンガーにかけたままでは無理でした。
こんなふにゃふにゃの生地では当たり前ですが、まさか着画なぞ論外。トルソーももちろんないし・・・
仕方なく平置きしてみました。実際に着るとたくしあげた部分がふわっとなってかわいいんですよ。

「ゴムシャーリングの」というパターンにもかかわらず、ここは完全に変えてます。
衿ぐりから袖にかけてすべてギャザーを入れてバイアスでくるみました。
縫い落ちする自信まんまんだったので(笑)裏は手でまつりました。時間かかった・・・
飾りリボンはウエストと同じグログランリボンで。
a0122129_21163287.jpg


さて問題の生地、シフォンジョーゼット。透けるふんわり柔らかい生地です。手触りもいいです。
私の腕前では扱いが難しかった・・・裁断が大変でした。滑るので全然型紙どおりに裁断できずがたがたに。
縫うときも滑る滑る。コットンが忠犬ハチ公ならこの生地は気ままなペルシャ猫ってくらい違います(笑)
a0122129_21173478.jpg


裏地を付けました。インナーが透けない&滑りがよい生地ということでやや厚めのポリエステル。
てかってますね~。この生地はふつうに縫えました。端の始末もしやすかった。でもこういう生地は苦手。
a0122129_21183697.jpg


いや~時間かかった・・・短いソーイング歴の中でも今回のは最強でした(汗)
パターンはオリジナルが原型をとどめないほどアレンジ、生地はこれまで扱ったことのないもの・・・
というのも、友人が「これと同じの作って♪」と予め見本の写真を用意していたので、
その写真を頼りに似た形のパターンを探し、手さぐりでアレンジするというやり方を取りました。

自分でパターンが作れればいいんですが、もちろんそんな技術はなく既成のものをアレンジした訳ですが、
少しずつ加減を見ながら、あちらを足しこちらを引き・・・というのはなかなか頭を使いますね。
生地も希望に沿ったもので。コットンやリネンしか扱ったことがなかったので違いにとまどいました。
それにしても裁断がいい加減だと綺麗に仕上がらないですね(汗) いろいろ勉強になりました。

と自分の技量をわきまえないほどのチャレンジ(笑)←無謀ともいう
仕上がりにあまり納得いってないので、ひとまず友人に見てもらった上で本当に作るかどうか相談です。
ただ、こういう機会を与えてもらったことは感謝です☆
自分としてはかなりの大物だったので、夏休みの宿題を終えた気分です。ほっ^^
by lepetitsac | 2012-09-23 21:36 | handmade(その他) | Comments(2)
やっとリバティでシュシュを作りました。わあい。
Clementine(クレメンタイン)のグリーン系です。
a0122129_21223383.jpg


何度も試しに作ってはやり直したかいあって、今回がいちばんいい感じになったかな。
前回の試作4号(これです)からちょこっと修正。ゴムテープの長さを20cm→15cmに変更しました。
これでねらいどおりさらにくしゅっとした感じになりました☆

タナローンはとっても作りやすいし、ひだも綺麗に出ますね。
今まで作った中でいちばんのお気に入りになりました。やっぱりリバティで作るとかわいいなあ。
a0122129_2123271.jpg


Clementine、大好きな柄です。これ、みかんらしいのですが私にはなぜか小鳥に見えます(笑)
夏らしい柄だし暑いうちに作らなきゃ!って思ってこの柄で作ったのですが、
以前の記事を見たら、ホビーラさんの2011年初秋のリバティで発売されたものでした。あれ?

明日お仕事に行くのにさっそく付けていこうと思います。
こんなささやかな小物でも出来上がるとうれしい♪ また他のリバティで作ろうっと^ ^
by lepetitsac | 2012-09-17 21:28 | handmade(小物) | Comments(2)
残念ながらワールドグループ残留ならず。でもよく健闘しました!

・Rubber1
G.Soeda VS D. Sela 6-2 6-4 3-6 6-4

イスラエルのNo.1、セラに勝って貴重な初戦をものにしました。
最近の添田はほんと安定してますね~。頼もしい!

・Rubber2
T. Ito VS A. Weintraub 3-6 2-6 4-6

錦織の肩の不調で急遽伊藤が出ることに。予想外のことで驚きました。
相手のワイントラウブは223位と下位の選手ながらサーブ・ストロークともに強烈。
伊藤は調子が出せないままストレートで敗退・・・残念なり。

・Rubber3
T. Ito/Y. Sugita VS J. Erlich/A. Ram 7-5 3-6 3-6 1-6

第1セットは競り合いを制して先取。これはひょっとすると行けるかな、と思いきや、
そこはさすがにダブルスのスペシャリスト、相手ペアが上回ってましたね。
これで1勝2敗となり、日本にとってますます厳しくなりました。

・Rubber4
K. Nishikori VS D. Sela 6-3 3-6 4-6 6-4 7-5

いや~厳しかった。セラはほんと粘り強くてどんなボールも返ってきました。
錦織はいまひとつショットが合わず、いつもなら決まりそうなウィナーもなかなか決まらず。
第3セットの錦織は見るからにしんどそうでしたが、そこからよく盛り返したと思います。

ファイナルセットも最後まで分からない展開でした。第12ゲームでとうとうチャンスが。
これまで何度もトライしてだめだったリターンエースが最後の最後で決まって勝利!
なんとか2勝2敗のタイに持ち込みました。それにしてもイスラエル強い!! 

・Rubber5
G.Soeda VS A. Weintraub 3-6 6-7(5) 6-4 3-6

うー。ワイントラウブ強かったなあ。なんですか、あのサーブとストロークの強さは。
とても200番台の選手とは思えませんでした。痙攣後もメンタル崩れなかったですね。
添田も決して悪くなかったし、チャンスもあっただけに残念でした・・・

これがデビスカップの厳しさなのかなあと思いました。
ランキングだけ見ると試合の前は日本が圧倒的に有利に思えたのですが、
始まってみたらイスラエルの粘りと強さは想像以上でした。ほんとに強かった!

セラは評判どおりの老練さでしたし、ダブルスペアはさすがの試合巧者でした。
それより何よりワイントラウブ! ほんとに素晴らしいプレーでした。
全てがタフな試合でしたが、日本チームもほんとによくがんばった!

今回の星1つの差はワールドグループにおける経験の差なのかもしれません。
日本チームはまだまだ若いですし、来年のワールドグループ復帰に期待しましょう☆
Go Team Japan!!
by lepetitsac | 2012-09-16 22:38 | my favorites | Comments(0)

USオープン 1R,2R & 3R

ふ~やっとブログ再開。やっぱし時間と気持ちに余裕が無いとブログって書けませんねえ(汗)

それはさておき。USオープンはいよいよ大詰めを迎えておりますが、
錦織は先週3Rで敗退となりました。少しだけ試合を振り返ってみたいと思います。

・1R
K. Nishikori VS G. Andreozzi 6-1 6-2 6-4
地力の差を見せつけて快勝。ラリー戦は完全に支配してたし、
終始安心して見ていられた感じ。初戦としてはとてもいい滑り出しでした。

・2R
K. Nishikori VS T. Smyczek 6-2 6-2 6-4
これまで負け越している相手なのでどうかな~と思いましたが、余計な心配でした。
この試合も錦織の力が上回ってましたね。とても調子が良さそう。

・3R
K. Nishikori VS M. Cilic 3-6 4-6 7-6(3) 3-6
チリッチ強かったです。錦織のウィナー級のボールも切り返され苦しかった。
第1・2セットはいずれも1ブレーク差、返すチャンスもありましたが生かせませんでした。
第3セットはタイブレに持ち込みセットアップ。このセットの粘りは素晴らしかったです。
しかし続くセットでは集中力が保てず、チリッチ優位のまま試合終了。

過去勝ち越してる相手だし、今回も行けるのではと思っていただけに残念でした。
チリッチはストロークもサーブも厳しかったですね~。
ブレークできるチャンスはあったけど取りきれませんでした。
ただ、錦織のストロークはやっぱり素晴らしいし、サーブがかなり良かったのが好材料かなと。

今回ツォンガが早いラウンドで敗退したので、チリッチさえ乗り切れればマレーまで行けるかな、
なんて期待してましたが、そこはさすがにグランドスラム、簡単ではなかったですね。
とはいえ、これからもこういう対戦はどんどんあるだろうし今後に期待です!

さて。いよいよ来週末はデ杯ワールドグループプレーオフ・イスラエル戦。
今回は残念ながら現地応援できませんが、TVで応援します!
好調の日本男子4銃士、きっとやってくれると思います。
日の丸を背負うと俄然燃える錦織、またまた飛躍のきっかけとなりますように。Go for it, Kei!
by lepetitsac | 2012-09-08 23:01 | my favorites | Comments(0)