大好きなLIBERTYでバッグや小物を製作しています。


by le petit sac
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

USオープン 1R

K. Nishikori VS F. Cipolla 4-6 2-6 ret.

2セット終了したところで無念のリタイア・・・うーん残念。

第1セットは錦織くんのサーブから。ファーストが全て入りラブゲームキープ。素晴らしいスタートです。
第3ゲームで早くもブレークされます。ややミス多し。しかし、続くゲームで早くもブレークバックし2-2に。

Cipollaはショットが良く攻めが多彩です。なかなか手強そう・・・
対する錦織くんもショットの切れは悪くないものの、なかなかすんなりキープできません。
第7ゲーム、ダブルフォルトでピンチを招きまたもブレークされてしまいます。

その後もCipollaの粘り強い攻めでなかなかポイントがとれず、結局そのまま1ブレーク差で4-6で落とします。
うーん。ミスが多いしファーストも入ってないし。なんかおかしい。いつもの錦織くんじゃないという印象。

第2セット、相変わらずCipollaはミスが少ないものの錦織くんもプレーが積極的に。
ただ、相手を左右に振るなどラリーの主導権を握ろうとするもののなかなかポイントにつながりません。
そして、第5ゲームで勝負に出たドロップショットが裏目に出て、またも先にブレークされます。

このゲーム終了後、錦織くんがMTOを取りトレーナーを呼びました。腰の治療をしている模様。
腰ですか・・・WOWOW実況によると、試合前から今トレーナーが腰の不調を把握してたらしい。
どうりで。ここはたたみかけるところでしょ!ってところで全然いいプレーが出なかったですもん。

その後、プレー続行。腰って全てのプレーに影響ありそうだけど大丈夫なのか?
やっぱりプレーが思わしくありません。第7ゲームもブレークされ2-5と追い詰められます。
第8ゲーム、相手のサービングフォーザセット。渾身のショットもアウトととなりあっという間にセットダウン。2-6。
ここで錦織くんがリタイアを申し出て試合終了となりました。

まさか腰を痛めていたとは・・・見ててどうもミスが多すぎるなあと思ってたんですがそれもしかりです。
肩が復調したところで次は腰の不調。何より本人がとても悔しい思いをしていることでしょう。
相性のいい全米なら尚更です。今回はドローも悪くなかっただけに残念でした。

腰の具合はどの程度なんでしょう。公式HPの発表はまだですが、ネットの記事に出ていた談話によると、
多少の痛みはあったがプレーできないほどではなかったのでトライした、
第2セットの初めから痛くなり、ストレートで勝てればと思ったが相手もしつこく痛みが悪化したのでやめた、
先週に結構試合をしたので疲労が出たのかも・・・といったことのようです。

とても心配ですが、単なる疲労によるものであることを祈りたいと思います。
今回は残念な結果に終わりましたが、今シーズンもまだまだ試合が残っています。
早く回復してツアーに戻ってこれますように。Go for it, Kei!
[PR]
by lepetitsac | 2011-08-30 14:30 | my favorites | Comments(0)