大好きなLIBERTYでバッグや小物を製作しています。


by le petit sac
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

クイーンズ 1R

K. Nishikori VS S. Querrey 3-6 4-6

テニスは悪くなかったのに見ててなぜか勝つ感じがしない試合でした。

第1セットはクエリーのサービスから。サーブ好調の模様。
対する錦織くんは最初のサービスゲームでいきなりブレークを許します。うーん。

しかし、続く第3ゲーム。ドロップショット等が決まり3ブレークポイント。
おっ、これはすぐにブレークバックか?と思いきや・・・あんなロングゲームになろうとは。

3ポイント連取でデュースに持ち込まれます。合計5回のデュースで4回のAD。都合7回のブレークポイント。
しかしこのゲーム取れませんでした(解説者がしきりに"7 times of breakpoints!"と連呼してた)
錦織くんのいいショットがあるかと思えば、クエリーがエースでしのぐ、といった展開だったような。
ともかくこのゲームを落としたのは痛かったです。

その後はお互いにキープ。錦織くんの調子も上がってきました。
特に第4ゲームのフォアのダウンザラインや第7ゲームのパッシングショットなんかは素晴らしかったです。
しかしクエリーのサービスゲームをブレークできず3-6でこのセットを落とします。
やっぱ第3ゲームでイーブンにできなかったのが響いたなあ。

第2セット、割と楽にキープするクエリーに対し、序盤の錦織くんはやや苦しい展開。
特に第3ゲームは計6回のデュースをしのいでキープ。サービスエースも出ました。
その後順調なゲームが続いていましたが・・・第9ゲーム、錦織くんのサービスゲーム。
相手に2ブレークポイントを握られたところで痛恨のボレーミスでブレークされてしまいます。
結局、この1ブレークが響いて4-6で試合終了となりました。

今回の試合はなんと言っていいのか・・・正直よく分かりません。
クエリーはこういっては何ですが凡庸なプレーだったと思います(全国のクエリーファンの方ごめんなさい)
テニスは錦織くんが断然良かった。ショットの多彩さや切れの良さでも優っていたように思います。

しかし。やっぱりクエリーのサーブですかね。あれだけフリーポイントが取れれば楽にキープできます。
今回の錦織くんはサーブは前より向上していました。ファーストも入ってたし。でも・・・
ここぞという時に取りきれなかった(第1セットの第3ゲーム。ここ取れてれば流れは変わったと思います)
それと、してはいけない時にミスしてしまったこと(第2セットの第9ゲームのボレーミス)
あと今回の試合は何が何でも取りにいくという気迫はあまり感じられなかったかなあ。

テニスの内容では全然負けてなかったので残念な試合となりました。
まさかの芝アレルギー(?!)が影響してなければいいけど・・・

次戦は来週のイーストボーンですが、気を取り直してがんばってほしいです。Go for it, Kei!!
[PR]
by lepetitsac | 2011-06-07 23:17 | my favorites | Comments(0)