人気ブログランキング |

大好きなLIBERTYでバッグや小物を製作しています。


by le petit sac
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

星組地方公演 「激情-ホセとカルメン-/BOLERO-ある愛-」

今日、母と一緒に富山に星組地方公演を見てきました。
2007年の宙組の富山公演以来、すんごい久しぶりの生の舞台です。
a0122129_0223451.jpg

まずは「激情-ホセとカルメン-」

ちえさん(柚希礼音さん)予想どおりかっこいい!出だしからハートわしづかみです(笑)
ちえさんのホセ、すごい良かったです。
まっすぐ過ぎるゆえにどんどん堕ちてゆく感じがとてもよく出てました。
歌も情感があってまた良くて。ともかく熱くて切ないホセでした。名演ですね。

ねねちゃん(夢咲ねねさん)ともかくはっとする美しさ。ザ・娘役!というのが第一印象。
カルメン熱演でした。特にラストが良かったかな。
自由に生きたいと叫ぶくだり、花がくず折れるように倒れるシーンが美しかったです。

せあらちゃん(妃咲せあらさん)のミカエラも好演でした。
優しさだけでなく、芯の強さが垣間見えるミカエラでした。歌声も綺麗でした。

あと、おっ!と思った生徒さんとしては・・・なんといってもすずほさん(真風涼帆さん)!
レメンダート役で、歌のソロもありジプシー軍団の中でも目立ってましたね。
みずさん(水夏希さん)似? それとも以前星組にいらしたかよこちゃん(朝澄けいさん)似?
とにかくかっこいいので途中から結構追ってました(笑)
そういえば、新公で主役もされていて星組のホープさんでした。目立つはずですね。

「激情」初演とちょっとだけ比較(ゴメンナサイ)

・テーマ曲のひとつ「自由と抑制」 メロディーが変わっていたのでちょっと残念でした。
 特に「♪情熱を持ち進み~」のホセとメリメのかけ合いのあたりが好きだったので・・・
 それ以外の曲は変更なく、相変わらず名曲づくしだなあと改めて感動。

・カード占いの場面で、カルメンが死を予感したことがよりはっきり分かる演出となってました。
 これによって、縛られず自由に生きるカルメンのラストの悲劇がより際立った感じ。
 これは良かったと思います。

・大きな十字架のセット、どうなるんだろうと思ってたら小さな十字架のセットでした。
 でも、周りのセットとの組み合わせで効果的に使われていました。

・ラストの大きなひまわりのようなセット(この中にカルメンが立ちホセを迎える)ではなく
 十字架の上に立っていました。これは地方公演ではスペース的に仕方ないか・・・

・カルメンほか主要キャストのお衣装はたぶん殆ど初演と同じ。懐かしかった~。

でも初演は初演。今回は今回です。全体に熱のこもったいい舞台でした。

さて「BOLERO-ある愛-」
ストーリー仕立てでセリフの入る、少し変わった趣向のショーでした。

楽しみにしてたのが、「トッカータとフーガ」(であってるかしら?)
フィナーレの男役さんの群舞ですが、これぞ男役の群舞!って感じで素敵でした。
これ、昔マリコさん(麻路さきさん)時代の作品で使われてた曲と思います。懐しいなあ。

それと、なんと言っても最も楽しみにしてたのが「BOLERO」
期待にたがわずすごい良かったです。ダンス、迫力ありました。
BOLEROもこの群舞も大劇場でも見たかったなあ、と今更ながら思いました。

あと、歌える娘役さんがいてとても聞き応えがありました。
ラテンの歌がよかったりーちゃん(南風里名さん)とエトワールのなっちゃん(白妙なつさん)
こういう娘役さんは大切にしてほしいです。

それにしても、ちえさんはすごい大きなトップさんですね。感動です。
醸し出す包容力やオーラの大きさが半端ないですね。こういうトップさんは貴重です。
お芝居・ショーどちらもちえさんの求心力を感じます。もっといろんな作品を見たいです。

ねねちゃんはほんと娘役らしい娘役で。まさに星のお姫様でした。
ちえさんとほんとラブラブなトップコンビで。とってもお似合いでいい感じですね。

いや~、やっぱり舞台は生で見るもんだなあと改めて思いました。
なかなか見に行けないので、また録画観劇の日々となりますが、
今回、一気に星組の生徒さんに親しみが湧いたので、陰ながら応援したいと思います。

星組のみなさん、楽しい舞台ありがとうございました。
残りの公演もがんばってくださいね!

♪♪パンフレットに柴田先生のコメントが載ってました。ご健在のようでうれしかったです!
by lepetitsac | 2010-05-11 22:34 | my favorites | Comments(0)