大好きなLIBERTYでバッグや小物を製作しています。


by le petit sac
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅行( 19 )

松山~高知へ

この連休、四国・松山~高知へ行ってきました。
金沢から車での旅行です。遠かった~!

本州から四国へ、行きはしまなみ海道から。
お天気が良くて、瀬戸内海の海や島がすごーく綺麗でした。
a0122129_22432667.jpg


着いた日はさっそく道後温泉へ。
坊っちゃん列車で行きました。蒸気機関車風のかわいい電車です。
a0122129_2243512.jpg


レトロな道後温泉本館。千と千尋の湯屋みたい。
湯上りのお部屋もレトロで素敵。温泉ですべすべになった気が^^
a0122129_22445827.jpg


翌日は松山観光。まずは「坂の上の雲ミュージアム」へ。
ドラマ・小説どちらも好きなのでずっと行きたかったのです。
好古の手紙など自筆のものが見られて感動でした。
a0122129_22452321.jpg


ミュージアム見学の後は、大正時代の洋館、萬翠荘へ。
松山藩主の子孫、久松定謨伯爵の別荘です。内装も素敵でした。
a0122129_22454635.jpg


それから、ロープウェイで松山城に登りました。
黒い板塀がきりりと引き締まった綺麗なお城でした。
「坂の上~」はこの辺りで撮影したのかな、なんて思ったり。
a0122129_22461551.jpg


お昼は松山鮨。もぶり飯とも言われる郷土料理です。
もぶり飯は「坂の上~」でもよく登場してましたよね。
a0122129_22463261.jpg


だんなさんが追加で穴子の大にぎりを注文。でかーい!
こんなの初めて見ました。穴子が柔らかくて美味しかった♪
a0122129_22464829.jpg


最終日は高知へ行きました。
お約束の桂浜へ。海は広いぜよ!なんちゃって^^;
坂本龍馬記念館は、龍馬の手紙とか暗殺時の掛け軸とか見応えあり。
a0122129_2247452.jpg


歴史好きの私の趣味に付き合ってくれただんなさんに感謝。
そして遠いところまで運転してくれてありがとう!楽しかった~。

****
旅のおみやげ、その1。ぼうしパン。
高知のご当地パンだそうです。つばの部分がクッキーみたいに
甘いんです。ぼうしの部分はふわっとしておいしかった♪
a0122129_22563989.jpg


旅のおみやげ、その2。
以前からブログを拝見しているcoculierさんのお店、
roiroiさんに行ってこれました。ご本人にもお会いできて感動~。
とっても気さくでお話しやすい方で楽しかった♪
a0122129_22571767.jpg


ところせましと小物やアクセサリーがおいてある中、
めっちゃかわいいことりのがま口と、アルパカのブローチを購入。
もっとゆっくり見たかったなあ。高知なかなか行けないのに・・・
coculierさんのブログ →
roiroiさんのHP →

****
マスターズ・マドリッド、錦織は上々の初戦突破!
試合巧者のメルツァーを一蹴、完全に試合をコントロールしてましたね。
サーブも戻ってたし、ストロークもキレキレで素晴らしかった☆
この調子で(気が早いけど)ロジャさんとの試合希望!
Go for it, Kei!!
[PR]
by lepetitsac | 2013-05-06 23:31 | 旅行 | Comments(2)
鞆の浦への旅。つづきです。

この時期、鞆の浦は鯛網漁の季節です。
お昼ごはんはもちろん鯛!今回の旅行で楽しみにしていたもののひとつです。
だんなさんが事前に調べておいてくれたお店「衣笠」へ。とても落ち着いた趣の素敵なお店です。
a0122129_0432891.jpg


お待ちかねのお昼。鯛めし、お造り等々鯛が美味しかったのはもちろんですが、
他のお料理も一品一品とっても丁寧に作られてて大満足でした。
a0122129_0432424.jpg


食後にはコーヒーもついてました。カップがとても素敵だったので思わずパチリ。
a0122129_0441658.jpg


おいしいお昼のあとは再び自転車で町へ。
鞆の浦はポニョの舞台になったことでも知られています。
ジブリの映画は好きでよく見ますが、ポニョは1回見たきりなのでうろ覚え。でもでも・・・

「アニメのモデルと思われる風景がひろがる」と観光マップにあったので行ってみた崖のあたり。
この景色の感じは確かにポニョ!マップには他にもそういうところがいくつか書いてありました。
a0122129_044563.jpg


次にアニメのモデルになった楢村美術館へ。でも休館でしかもせっかく撮った写真も失敗。しかし・・・
この道とかジブリの映画に出てきそうな感じがしませんか?
a0122129_0445788.jpg


あと、この家の感じとかも。この道と家は美術館のすぐ横です。
a0122129_0454682.jpg


ジブリの映画って風景が水彩画のように繊細で綺麗なのが特徴だと思うんですが、
切り取ったらそのまま映画に出てきそうな景色だな、と思う所があちこちにありました。

さて、町めぐりでもう一つ楽しかったのがにゃんこストリート(と勝手に命名)
マップににゃんこのいる場所がイラストで載ってるんですよ。
で、私たちもにゃんこの一団に遭遇。全員(?)で8匹はいたと思う。

か、かわいい~。茶とらに白てぶくろってたまりません。くるりんしっぽも。
a0122129_0461353.jpg


そろって同じ方向を見てるにゃんこたち。何が気になるものでも?
a0122129_046419.jpg


まったり中。美猫ですねえ。きゅっとした手もかわいい。
a0122129_048044.jpg


写真を撮ろうが、観察しようが彼らはおかまいなし。人慣れしてるみたい。
私もだんなさんもにゃんこ好きなのでいろんなにゃんこが見れて楽しかった~。

鞆の浦、とってもいいところでした。またいつか行けるといいな。
鞆の浦観光のご参考に → http://www.tomonoura.co.jp/
[PR]
by lepetitsac | 2012-05-27 00:56 | 旅行 | Comments(2)
ひっさびさのブログUPです。ふ~。

ゴールデン・ウィークに鞆の浦(とものうら)に行ってきました。
鞆の浦は広島県福山市にある観光地で、ポニョの舞台になった歴史ある港町です。

事前に観光マップを調べたところ、自転車で回ると良さそうな感じだったので
今回は折りたたみ自転車を2台積んでいきました。着いたらさっそく自転車で町めぐり。

まず最初に行ったのは、坂本龍馬宿泊所跡の枡屋清右衛門宅。
いろは丸事件で龍馬が紀州藩と談判を行った際、枡屋は龍馬たち海援隊の宿舎だった所です。
a0122129_21361779.jpg


ここが龍馬の隠れ部屋。かつての商家は秘密の商談用の部屋を持ってるのが普通だったそうで、
この頃すでに幕府から追われていた龍馬はここにひそんでいたらしいです。
a0122129_21364380.jpg


お登勢さんに充てた手紙。もちろん複製なのですが感動!「梅」はいわずと知れた龍馬の偽名です。
幕末好きにはこういうのわくわくするんですよね~。
a0122129_21371556.jpg


続いて対潮楼へ。ここはその昔朝鮮通信使が宿泊したところで、
ここから見える景色が素晴らしいことで知られています。さっそく中へ。

うわー!と思わず声をあげたくなるほどの景色の素晴らしさ。座ってしばし景色を眺めました。
瀬戸内海とそこに浮かぶ島がまるで屏風絵のよう。大きな島は仙酔島で船で渡れます。
a0122129_21381726.jpg


この日はとても気持ちのよい快晴で、自転車にして正解!風切って走るのが気持ちいいです。
鞆の浦のシンボル、常夜灯。港の風景がとても風情のある感じ。
a0122129_21383574.jpg


自転車で町を散策。こんな感じの雰囲気ある町並みが続きます。
左側の看板のある商家は太田家住宅。保命酒(薬酒)の醸造元で公開されています。
a0122129_21544376.jpg


急な坂の多い町。こういう路地裏も絵になる町なんですよね。
a0122129_21553635.jpg


再び海へ。はろばろと広がる瀬戸内海。日本海とは表情がずいぶん違う気がします。
おおらかで広々とした美しい海でした。
a0122129_21561858.jpg


鯛とポニョとにゃんこ編につづく・・・

****
前日は福山に宿泊しました。途中あまりにもひどい渋滞に遭遇し、着いたのは既に夜(涙)
それでも宿から少し歩くと福山城が見えたのでせっかくだし行ってみることに。
a0122129_2139981.jpg


とても立派なお城でした。夜なのでもちろん外観のみ。
それにしても何枚写真を撮ってもお城が緑色。だんなさんの撮ったのも緑色でした。ふしぎだ・・・
[PR]
by lepetitsac | 2012-05-20 21:59 | 旅行 | Comments(2)

妻籠宿・馬籠宿へ

この連休にだんなさんと一緒に馬籠宿・妻籠宿へ行ってきました。
宿場町としてあまりにも有名な所ですが、行くのは今回が初めてです。

馬籠宿は坂道に沿って宿が並びます。石畳がとても風情がありました。
今はお土産物屋さんになっているお店も多いようです。
a0122129_2334588.jpg


坂を登りきったところが見晴し台になっていました。木曽の山並みがとても美しいです。
a0122129_23344784.jpg


この地方ならではでしょうか。とても珍しい男女の道祖神です。なんだかかわいい。
a0122129_23352069.jpg


馬籠宿~妻籠宿(あるいはその逆)は本当は歩いて抜けるのが王道なのですが、
日も暮れてきたのでとりあえず車で妻籠宿まで行ってみることに。かなりの山道でした。

夕暮れ時ということもありもう人もまばら。それがかえってよかったです。
映画のセットかと思うくらい、ほんとに江戸時代にいるかのような趣のあるたたずまいでした。
a0122129_23355125.jpg


あまりに街並みが素晴らしいので、駆け足ではもったいないと翌日も妻籠を訪れました。
明るい時でもまたいい感じ。昔の雰囲気を損なわないよう建物を保存しているんでしょうね。
a0122129_23361071.jpg


高貴な方々の宿泊所として使われた脇本陣には明治天皇もお越しになられたのだとか。
明治時代になり鉄道ができると宿場町としての役割は終わったようですが、
その後町ぐるみで街並みの保存に努めたそうです。日本における街並み保存の先駆けですね。

往時の姿そのままに町が残されていることに感動!
なんだか江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気でした。またいつか行きたいなあ。
[PR]
by lepetitsac | 2011-09-25 23:50 | 旅行 | Comments(0)
北海道の旅 最終日は札幌です。

旧北海道庁へ。いわゆる赤レンガ庁舎です。
立派な建物ですね~。デザインといい、細部の装飾といいいほれぼれする美しさです。
a0122129_1231420.jpg


中は無料で見学できます。内装もレトロで素敵。
a0122129_1255570.jpg

北海道開拓の歴史や北方領土の展示などが興味深く、勉強になりました。

札幌市内を散策した後、空港に向かう途中でスープカレーの店に立ち寄りました。
スープカレーは今回の旅行で楽しみにしていたものの一つ。

北大近くの「CURRY FARM」(カリーファーム)というお店に行ってきました。
野菜と鶏のスープカリーを頂いたのですが、すんごーーーく美味しかった!!
野菜はいろんな種類が入ってて、焼いたり揚げたりしてあるせいかどれも香ばしい。
スープは辛さが選べます。けっこうマイルドで食べやすかったです。

お店の内装もとってもかわいくナチュラル。店員さんも感じが良くてもう満点です。
家の近所にあったら絶対通ってしまいます。まあ北海道なんで残念ながら無理ですが・・・
a0122129_12155899.jpg

CURRY FARM
住所/札幌市北区北16条西5丁目1-12 DIKビル 2階
電話/011-299-1462
営業/11:30~22:00

またぜひ行きたいです。金沢に支店とかできないかなあ。
[PR]
by lepetitsac | 2010-05-23 12:18 | 旅行 | Comments(0)
前日、小樽のお寿司屋さんの大将に教えてもらい、3日目は積丹半島へ。
なんでも水平線が丸く見え、地球の丸さを感じられるのだとか。

積丹半島の先端、神威岬(かむいみさき)へ到着。
強風ふきすさぶ中、なんとか丘の上の眺望台へ向かいます。
そこは視界300度の大パノラマ!なんともダイナミックな景色でした。
a0122129_22592463.jpg


快晴の時はほんとにまあるく見えるようです。でも充分すごい眺めでした。

そのあと、水中展望船「しゃこたん号」に乗りました。
ガラス越しに海の中が見られるのですが・・・海底には、うに・うに・うに!!
うにの解禁は6月以降らしく、残念ながらうにはまだ食べられませんでした(涙)

積丹半島を後にし、余市へ向かいました。有名なニッカ・ウヰスキーの工場があります。
ここは無料で工場見学やウイスキーの試飲ができるのです。

ウイスキーの製造工程の説明がかなり分かりやすく聞けて面白いです。
a0122129_23134487.jpg

石造りの工場がとても趣があって、敷地内を散策するだけでも楽しい。
創業者の竹鶴氏と奥さんのリタさんが住んでおられた家も保存されています。
a0122129_23151991.jpg

こちらの工場は行く価値あり!ウイスキーになじみのない人も充分楽しめるスポットです。

さて、ウイスキーの試飲ですが・・・だんなさんは運転だし、私はウイスキーが飲めないので
残念ながら二人ともりんごジュースを頂いて帰りました。
ウイスキーの聖地に行ったというのにもったいないことです(笑)
お酒好きのお父さんたちのために、ここでしか入手できない原酒を買って帰りました。

大自然の美しさと大人の工場見学を楽しんだ1日でした。
[PR]
by lepetitsac | 2010-05-19 23:25 | 旅行 | Comments(0)
ちょっと時間が空きましたが、つづきです。

登別を後にして、2日目は小樽へ向かいました。
小樽はその昔「北のウォール街」と言われ、今も往時を偲ばせる銀行の建物がたくさん。
また、水運で栄えた時代のレンガ造りの倉庫や、有名な小樽運河が美しい街です。

とにかく昔の建物が当たり前のようにいっぱい残ってるんです。
レトロな建物好きな私にはたまらない街並みです。

まずは、日本銀行旧小樽支店へ。威風堂々とした佇まいが美しい建物です。
a0122129_22195964.jpg


今は金融資料館になっています。昔使われていた受付です。とても趣があります。
a0122129_22212956.jpg

それから、行ってみたかった雑貨屋さん vivre sa vie + mi-yyuへ。
a0122129_22264219.jpg

昔、紙屋さん(?)だった建物のようです。レトロでかわいい。
アンティークっぽい食器や、外国の文具、レース、アクセサリーなどが所狭しと並びます。
お皿を購入しました。ちょっと昔のものかな?懐かしい感じです。
a0122129_22283831.jpg

あと、ポストカードも購入。Horii Hitoshiさん作。小樽の作家さんだそう。なんともかわいい。
a0122129_22324974.jpg

このあとも散策は続きます。小樽運河は歩くだけで楽しい。いい眺めです。
a0122129_22354271.jpg

旧三井銀行。立派な建物ですね~。見応えがあります。
a0122129_22383752.jpg

小樽商工会議所。なんと売りに出ていました。有効活用されたらいいなあ。
a0122129_22402445.jpg

夜の日銀。ライトアップされた感じもまた素敵でした。
a0122129_22441227.jpg

歴史のある街、小樽レトロ散歩を満喫しました。
[PR]
by lepetitsac | 2010-05-16 22:50 | 旅行 | Comments(0)
GWにだんなさんと北海道へ行ってきました。

1日目から予定を大きく変更。
ほんとは空港近くでランチしてから洞爺湖へ向かう予定でしたが、
レンタカーのお店で「えこりん村」のパンフレットを発見。なんとアルパカがいると書いてあるではないですか!
これはいかねば!と思い急遽そちらへ向かいました。

「えこりん村」は恵庭市にある動物や植物と触れ合えるテーマガーデンです。
広大な敷地の中に牛や羊など様々な動物が飼育されており、ゆったりと散策もできます。

銀河庭園にはいろんな動物たちがいました。
羊、山羊、リャマ、ミニチュアホースなど・・・そしてアルパカ!!
実はずーっと前からアルパカに会ってみたい!と思ってました(もふもふはなこのファンです)
でも那須は遠いし…と思っていたところ、まさか今回の旅行でアルパカに会えるとは。
実物のアルパカはほんとにもふもふしてました。えんえんと草を食べてました。

そのあと、動物たちのミニパレードがあり、こちらもすんごいかわいかったです。
リャマです。花の飾りが素敵。女性のお衣装はアンデスっぽいですよね。
a0122129_16355843.jpg

そしてアルパカちゃん。お姉さんのお衣装もかわいい。
a0122129_16323260.jpg


このあと、牧羊犬による羊追いや毛刈りショーなども楽しかったです。大満足。
お土産にアルパカの指人形を購入しました。もふもふです。
a0122129_16482065.jpg


思いがけずえこりん村で時間を過ごしたので、洞爺湖はあきらめようかと思いましたが、
せっかくなので行ってみようということになりました。しかし遠かった・・・
すでに遊覧船の時間は終わっており、もう一つの目的、「ザ・ウインザーホテル洞爺」へ。
言わずと知れた洞爺湖サミットの行われたホテルです。ぜび見てみたいと思って。

ホテルはすごーく上の丘のてっぺんにあります。坂の上のすごい場所です。
しかしながら、あまりの敷居の高さにロビーをちょこっとのぞいただけで退散しました。
ほんの少しだけ足を踏み入れたロビーは、上品できらびやかでした。
天井までのガラス張りは湖を望むティーテラスでしょうか。絶景なんだろうなあ。
まあ、でも行けてよかったかなあ。これぞ「目の保養」ってやつですね。

ただ、ここは湖の景観を楽しむには最高の場所だということが分かりました。
ふきすさぶ強風の中、湖を見下ろした景色は本当に美しかったです。感動!!
a0122129_170182.jpg

こうして1日目は終了。登別温泉でゆっくり旅の疲れを癒しました。
[PR]
by lepetitsac | 2010-05-05 17:04 | 旅行 | Comments(0)

旅のおとも ことりっぷ

ガイドブックの「ことりっぷ」 京都の旅でとってもお役立ちでした。

とにかく内容とか載ってるお店がつぼなんです。女子の旅にぴったり。
idoraさんもこの本で見つけました。

あ、ちょっと寄りたい!って思うお店やカフェなどが満載。
手書きのイラスト入りの地図があったり、本の装丁もとってもかわいい!
a0122129_164030100.jpg


ことりっぷはいろんな地域のものが出ています。
金沢のもあるので、今度は金沢編を見ながらプチ旅行気分で散策もいいなあと思ってます。
[PR]
by lepetitsac | 2010-03-27 16:43 | 旅行 | Comments(0)
京都日帰りの旅で見つけたもの その4。

京都デザインハウスさんは京都の工芸品を扱うお店ですが、
その名のとおりデザインにすぐれた、かつ実用的な美しい品物がたくさんありました。

私が購入したのは綺麗な空色の刺子です。けっこう大判。

a0122129_2394526.jpg


中刺子縞という柄のようです。糸目と縞がとても美しいです。
玄関の飾り棚に敷いて、一輪ざしなんかおいたらいいかもって思ってます。

お店のリーフレットに「美しい日々を贈る」とあります。
普段の生活に使えるデザインの優れたものが揃っていて、とても素敵なお店でした。
[PR]
by lepetitsac | 2010-03-25 23:20 | 旅行 | Comments(0)